スポーツ

ヤディ・モリーナWBC2013日本の前に立ちふさがった鬼の肩を持つ男!

WBC2013日本代表はプエルトリコの前に惜しくも3連覇の夢が潰えてしまいました。下馬評はそこまで高くなかったプエルトリコ投手陣を巧みなリードと日本のスモールベースボールを鬼の強肩で封じたのがヤディ・モリーナです。

WBC2017でもプエルトリコ代表で出場し、チームの2次ラウンド進出に貢献しています。強豪国ひしめく、アメリカラウンドF組においてプエルトリコがどんな試合を見せてくれるのかとても楽しみです。ちなみに先日行われた前回王者ドミニカとの一戦でも巧みなリードと強肩でドミニカに勝利しました。

今回はプエルトリコの絶対的支柱、WBC2013で日本に苦杯をなめさせた男、ヤディ・モリーナについてご紹介します。

スポンサーリンク

ヤディ・モリーナのこれまでの実績!

打撃成績

まず打撃成績から見ていきましょう。通算13年間で平均打率.285は非常に高い数値と言えます。捕手としての配球を読むことでこの成績が収められているのでしょう。2012年に22本塁打を放っていますが基本的にはヒットで次につなぐ日本人のような打撃を見せています。三振も少なく平均出塁率も.338であることから常にチームのために打席に入ることを心がけているようです。

 

守備成績

守備の成績は捕逸が2桁を超えたことがないことからも分かる通り非常にキャッチング能力が高いことがわかります。その証拠に2008年から2015年まで8年連続でゴールデングラブ賞を獲得しています。ちなみにあのイチローが10回獲得ですのでそれに迫る勢いですね。そして盗塁阻止率はなんと通算平均が.417という数字です。これは現役メジャーリーガー捕手堂々のトップです。鬼の肩と言われる理由がわかりますよね。

スポンサーリンク

ヤディ・モリーナの特徴は!

通算成績を見てもわかる通りモリーナはメジャー最高の捕手であることがわかります。何度も申し上げておりますが彼の大きな特徴は肩の強さです。彼の所属するカージナルスの公式HPでは「ロケットランチャー」とその強肩を称しました。また彼の強肩は投手陣にも大きな影響を与えカージナルス投手陣も彼が捕手でいることで投げることに集中できると話しています。

またモリーナの名前が日本中に知られたのはWBC2013の日本対プエルトリコ戦です。8回、負けていた日本の攻撃は1アウト1、2塁のチャンスを作りました。投手のモーションが大きかったためグリーンライトという盗塁できたらしても良いというサインが出ました。

2塁ランナー井端が盗塁するモーションを見せたため1塁ランナー内川はスタートを切ってしまいました。そのため1、2塁間で挟まれてしまいアウト日本のチャンスの芽が摘まれました。

これにモリーナと何が関係あるのかというと1塁ランナーだった内川はモリーナの強肩を意識し、本来であればしっかり2塁ランナーがスタートを切ったのを確認してから盗塁するのをモーションだけで判断してしまったのです。これで日本の敗戦が決まってしまったと言っても過言ではないでしょう。

またこの強肩だけでなくモリーナの巧みなリードも日本の前に立ち塞がりました。

日本戦で投げたプエルトリコ投手陣はメジャーでの実績がない投手やメジャー登板すらない投手ばかりでした。しかし、日本は1得点しかあげることしかできませんでした。打者の反応を逐一確認し、投手の能力に合わせ配球をしていきました。決して数字には現れませんが結果としてプエルトリコを勝利に導いいているのですから、その実力を認めざるをえません。

 

人柄

メジャー最高峰の捕手、モリーナの人柄も紹介します。彼は常に相手に対してもリスペクトの精神を忘れない選手なのです。

その証拠にイチローがメジャー通算3000本安打を目前にした打席でのこと、相手チーム捕手モリーナがなかなか座ろうとしませんでした。それはファンに対しスタンディングオーベーションを促していたのです。

これにはイチローも驚きを隠せなかったそうです。勝利にこだわりながらもジェントルマンな姿勢がみんなに愛される理由なのかもしれませんね。

まとめ

ヤディ・モリーナについて説明してきましたがいかがだったでしょうか。チームを助ける強肩と勝利に欠かせない洞察力、そして熱い気持ちを持ちながらも相手へのリスペクトを忘れないジェントルマン。アメリカラウンドでの日本対プエルトリコの再戦に期待したいですね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 【WBC2017】外出先で試合中継を確認できるアプリやネットでの…
  2. 杉浦稔大(ヤクルト)イケメンの弟と父がいる?怪我から復帰で家族も…
  3. 『錦織圭』ブリスベン国際のテニス決勝を無料でしかも契約なしで見る…
  4. プロ野球セリーグ2017年!ヤクルトスワローズ開幕スタメンと注目…
  5. 【WBC2017】キューバの日本戦スタメンと先発投手予想!注目選…
  6. 全日本卓球選手権(2017)の優勝候補と注目選手は誰?放送日程と…
  7. 東京オリンピック野球会場『県営あづま球場』はどこ?アクセス方法や…
  8. パット・ベンディットの両投げで球速はどれくらい?グローブは特注品…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP