国際

金正男(北朝鮮)暗殺されたのは本人と断定!刺青・DNA判定・指紋が一致

2月14日にマレーシアクアラルンプール国際空港で、白昼堂々暗殺された北朝鮮の金正恩委員長の異母兄弟である、金正男氏。

事件発生から早くも1ヶ月が経過している。事件後すぐに、実行犯の女二人は犯行後すぐ捕まり、事件は解決するかと思われたが、一向に解決する気配がなかった。

そもそも暗殺されたのが、金正男本人ではなく、彼の影武者なのではないかという「いわゆる影武者説」もまことしやかにささやかれていた。

しかし、本日3月17日に金正男本人であることが確認された。

スポンサーリンク

金正男の影武者説が流れた理由

そもそも金正男影武者説はどこから来たのだろうか!?当サイトでも金正男が影武者ではなかいとうことを詳しくこちらの記事でまとめているが、焦点となっていたのが、『腹部にある刺青』だ。

事件後公開された防犯カメラの写真を見てみると、本来、金正男氏の腹部にあるとされた「刺青」がなく、影武者なのではないか?と一部でささやかれていたのである。

蓋をあけてみると、今回暗殺された金正男の腹部にはしっかりと刺青があったということだ。なぜ、事件後に公開された写真には刺青がなかったのかというと、写真で確認できるのはへそから下の腹部。

フジテレビの報道からもあるように、へそ上の刺青があったと報道されている。参考元

実際の金正男の刺青が彫られている部分はへそから上の腹部であるということだ。実際に、犯行にあった金正男のへそから上の腹部にはしっかりと刺青が彫られていた。

スポンサーリンク

DNA・指紋が金正男本人と一致

腹部に存在する刺青の位置が一致したことから遺体は「金正男」氏であることでほぼ間違いないだろうが、金正男の親族から入手したDNAと日本政府が提供した指紋が一致したことも確認されている。

事件後に難航していた金正男のDNAサンプルをマレーシア政府が親族へ接触することに成功し、判定をおこなったようだ。

また、日本もこの事件に関して、以前に、東京ディズニーランドへ行くために、不法入国した際に入手したと見られる指紋をマレーシア政府へ提供したようだ。

 

まとめ

暗殺されたのは金正男ということが明らかになり、残るはいまだ明らかになっていない事件の全容解明と遺体の行方。遺体は親族の誰が引き取るのか?また火葬されるのか?

いまだに、金正男の母国である北朝鮮は金正恩の兄、金正男だということを認めておらず、「キムチョル」であると表明している。

金正男本人であることがで全世界にも報じられているなか、今後の北朝鮮の報道が気になるはいうまでもない。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 金正男(北朝鮮)暗殺事件後、半月経っても解決しない謎を徹底追及
  2. 韓国海軍が竹島周辺で軍事訓練!大統領不在で誰が指揮しているのか気…
  3. 金正男の正体は実は影武者だった?刺青から真相を紐解く
  4. 金正男の生い立ちと女スパイの正体が顔画像が気になる!子供や家族の…
  5. キムハンソルの事件後の行方や現在の状況は?秀才と名高い金正男の長…
  6. 金正男(北朝鮮)暗殺されたのは影武者・変わり身のニセモノ説が再浮…
  7. 金正男(北朝鮮)オウムも利用したVXガスで女が被害がないのか謎を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP