ニュース

【電通過労自殺】現役電通マンが語る『結局何にも変わらない』

【現役電通社員が語る‘真実’】

『こんなこと言っては悪いけど結局、何も変わらない』

このように語るのは大手広告代理店電通に勤務する30代の男性。

この日、「ありえないくらい早く帰れたから」と電話取材に応じた。

昨年12月、大手広告代理店電通の新入社員だった高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺した問題。

電通をめぐっては、これまで14年6月に関西支社、15年8月には東京本社が労働基準法違反で労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが分かっている。

2度の勧告を受けた後の昨年末に、過重労働が原因で女性新入社員が自殺しており、勧告後も違法な長時間労働が改善されず、常態化していた可能性がある。

今年9月に高橋さんの自殺が労災認定されたことを受け、

各地の労働局が本社と支社、子会社に立ち入り調査して労務管理の実態を調べている。

今回の労働局の立ち入りを受けて電通はどう変わったのか?

『今回の件で会社にいられない状況にはなった』

こう話すのは前出の30代男性社員。

『22時には会社の電気を消して全社員が例外なく退勤させられる』

『上長も『頼むから早く帰ってくれ』と泣きそうな顔で懇願してくる』

22時にゾロゾロと会社を退勤する社員らを見て「ゲルマン民族の大移動ようだ」と。

とにかく今回の‘一件’で電通も相当懲りているようだ。

しかし、実状はかなり異なるという話も・・・。

.『今までサボっていて夜中まで働いてたわけではなくて膨大な仕事量があって仕方なく夜中まで残って仕事をしていたわけです。それを22時までに終わらせるのは不可能』

この社員によれば、勤務時間は22時退勤を命ぜられるが一人当たりの業務量は何も変わらないということ。

ではどうしているのか?

『結局、家に持ち帰ってやるんですよ。クライアントは待ってくれないから。家に持って帰って朝まで仕事しています。』

結局、職場が『会社』から『家』に変わっただけだというのだ。

電通に入った時、先輩に『一番偉い奴は最後まで残って仕事をしている奴だ』という話を聞かされそれに付随する武勇伝のような話をたくさん聞かされた。

『日本人はたくさん働くほうが偉いって戦後復興で刷り込まれているからもう仕方がない。電通なんてその最たる例だし戦後復興の日本企業の象徴のような‘化石’会社だよ』

そして最後に彼は諦めるようにこうつぶやいた。

『明日は5時に会社行きますよ。22時に電気消されるけど、5時には電気つきますからね』

『東京五輪なんて来てほしいけど、来てほしくないです、俺たち22時までにそんなの終わらせられないから』

電通の抜本的な体質改善が望まれるが、そんな日が来るのはまだまだ先のようにも思える。

電通面接官経験者は・・・「壊れなさそうな学生を中心に」

『壊れなさそうな学生を中心に採用している』

このように話すのは電通で新入社員の採用面接を担当したことがあるというA氏。

『今回の件は本当に残念なこと』と前置きした上で次のように話してくれた。

『採用面接の際には体育会出身者や元気が良くて威勢のいい学生、ちょっとやそっとじゃ壊れないような学生を意図的にマルをつけている』

それは採用の人事部の指示なのか聞いてみると。

『そんなことはないけど、結局、この学生が入社した時にやっていけるかどうかを見るときに電通のいわゆる激務に耐えられるような「壊れなそうなエピソード」を持っている学生に自然とマルをしてしまう』

もっとも以前に比べると、最近の傾向として「ゆとり世代」「さとり世代」と称される学生達にはそういう「壊れなさそうな学生」が減ってきたというのだ。

「だから採用する時に困るんですよね。結局、優秀そうな子を採用してもすぐに投げ出してしまうような忍耐力のない子だとお互いにとって不幸だし、そうなると、自然と体育会出身者とかを採用してしまう」

激務が前提で入社する学生達の未来についてもう少し考えてもらいたいものだ。

電通だけではなく競合他社やテレビ局も戦々恐々

「うちだってかわらないから」(大手広告代理店博○堂30代社員)

「急に社員全員の勤務表をチェックするように上からお達しが来た」(テレビキー局50代社員)

今回の一件で焦っているのは何も電通だけではない。

一般的に激務として知られるマスコミ各社にも少なからず影響が及んでいるようだ。

あるテレビ局の社員が語る。

「うちも先日の部長会で「他人事ではない。社員がどれだけ休んでいないかチェックするように」とお達しがあった」

「普段、労務管理に疎い制作部の人間も「今回はさすがにヤバい」と話していて頻繁に労務部に足を運ぶようになった」

多くのマスコミ関係者が戦々恐々としているようだ。

第二の高橋さんのような被害者を出さないようにただただ祈るばかり。

関連記事

  1. 四季島の運行ルートと料金はいくら!?内装や料理メニューを調査
  2. はじめしゃちょー4股交際の浮気を暴露したM氏は誰?今後の進展は!…
  3. スッキリで韓国人俳優を差別した京都のラーメン屋はどこ?実際の動画…
  4. 我が子が事故で殺されても【殺人罪】にならない日本の現行法律を問う…
  5. 『会社辞めるしかない』現役電通マンの本音。キャリアが語る『葛藤』…
  6. 拉致被害者「香月正則さん」発見!国内で発見!どこにいたの!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP