エンタメ

秋元優里とフジテレビPとのダブル不倫温泉旅行!車でおっぱじめる程二人の愛は深い。

こんにちは。事情通ナビのOK氏です。

雑誌関係者からの特大な情報を入手しました。

フジテレビの看板アナウンサーでもあり、生田斗真の弟、生田竜聖氏の嫁の秋元優里さんがダブル不倫の現場を激写されたというニュースだ。

当サイトでは、過去に秋元優里さんのダブル不倫の記事を出しているが、正月明けから仕事モードに突入した矢先に、不倫相手と温泉旅行に出かけたとういう。秋元優里にとってはまだ正月だったのだろう・・・

スポンサーリンク

秋元優里の不倫相手は誰?

秋元優里の不倫相手は同社、フジテレビに勤務する報道プロデューサーとして有名だった40代のS◯氏。

40代のS◯氏にも妻子がいる。こちらの記事でも詳細をご紹介しているが、ダブル不倫!だ。

二人の出会いは、現在、秋元優里が出演する月曜〜金曜、夜8;00〜9;55のゴールデンタイムに生放送される『BSプライム』との話だ。

40代のS◯氏は、秋元優里と不倫する前は、局内の他の女性と不倫するなど、女癖の悪さは局内でも群を抜いており有名な話なそうだ。

プロデューサーともなると、仕事はこなすスピートは速さだけではなく、女に手を出す速さもすごいのだろう。

今回のダブル不倫温泉デートは、すでに局内では噂になり上層部まで伝わっているのか定かではないが、秋元優里の担当曜日(月曜〜木曜)の昨日、BSプライムニュースでは出演予定日だったにも関わらず、すでに外されていた。

秋元優里の代わりにBSプライムニュースを担当していたのは、陣内智則の嫁でもあるミオパンこと『松村未央』だ。

BSプライムでこれから秋元優里を見ることはあるのだろう・・・・

スポンサーリンク

温泉ダブル不倫デート!秋元優里と不倫相手は現場まで待てず!後部座席から数時間出てなかった。これなかった・・

今回のダブル不倫温泉旅行。雑誌関係者からの情報によると、秋元優里は生田竜聖と現在、離婚調停中にも関わらず、不倫相手の40代S○氏と温泉旅行に出かけていたという。

まあ、100歩譲って温泉旅行ならいいが(全然よくない・・・)、温泉旅行の現場まで辿りつくまで我慢することができず、車の中でおっぱじめた!という話だ。

今回の温泉旅行は車での移動。(まあこれだけ有名人なら公共の交通機関など使えるはずもないが・・)しかし、秋元優里と40代S○氏は、温泉への往路の最中に二人揃って、車の後部座席に移動したという。

普通に考えて、なぜ二人で後部座席へ移動するのか不明だ。ある一つのことを除いては・・・

ここまで読んでくれた読者の方は想像がつくだろう。しかも、この二人、秋元優里と40代S○氏は後部座席から数時間でこなかった。

数時間の間、後部座席で大の大人がダブル不倫温泉旅行の往路ですることはたった一つだろう。

とりあえず我慢しろよ。旅館へ着くまでは。

秋元優里と40代S○氏は今後は?結婚・・・・するのか?

秋元優里と生田竜聖は現在、法的には夫婦だが、離婚は秒読み。

現在、二人の間に生まれた子供の親権を争い離婚調停中のようだ。

ん?

離婚調停中にも関わらず、秋元優里はフジテレビ局内の40代S○氏とダブル不倫し、温泉旅行へ出かけ、しまいには、旅館まで待てずに数時間の間、ねっとりと後部座席でおっぱじめるという。

子供の親権をかけた離婚調停のも関わらず、母親がこんな状態でいいのだろうか!と考えてしまうが・・・

今回のスキャンダルで裁判が生田側に優勢になることは目に見えているだろう。

しかも、秋元優里と40代S○氏はダブル不倫から『夫婦』になるステップアップするとの情報だ。

離婚調停中にも関わらず、ダブル不倫から温泉旅行(数時間の後部座席アトラクション付き)の強行突破を見せる秋元とS○氏の愛はそれだけ深いのだろう。

お互いの弁護士が最強すぎる件

上記でも触れているが、秋元優里と生田竜聖は親権を争い離婚調停中だ。

この二人を援護する弁護士がこれまたすごい。

生田竜聖はご存知の通り、ジャニーズに所属する生田斗真の弟。

生田竜聖を弁護するのは、ジャニーズ事務所のお抱え弁護士だ。

一方、秋元優里側の父親は宮内庁の式部官長を務める、官僚だ。

お判りの通り、秋元優里を弁護するのは宮内庁で活躍する弁護士のようだ。

秋元優里と生田竜聖の離婚調停の裏には『ジャニーズ事務所の弁護士VS宮内庁の弁護士』というバトルが繰り広げられている。

まとめ

秋元優里とフジテレビS○氏とのダブル不倫、温泉旅行『数時間の後部座席アトラクション付き』についてお伝えしてきました。

離婚調停中にも関わらず、不倫旅行をする秋元優里をどうフジテレビが扱うのか!

また、生田竜聖との子供の親権がどちらへ獲得するのか、今後も目が離せません。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP