スポーツ

プロ野球セリーグ2017年!ヤクルトスワローズ開幕スタメンと注目選手!

2015年セリーグペナントレースを制したヤクルトスワローズ。しかし、投手陣の不調や主力の度重なる怪我により2016年は5位と低迷してしまいました。嬉しいニュースといえば2年連続トリプルスリーを山田哲人が獲得したくらいでしょう。ですが主力の怪我さえなければ、先発投手陣がもう少し踏ん張ればヤクルスワローズの優勝は見えてきます。今回は、2年ぶりのセリーグ制覇に燃えるヤクルトスワローズのスタメン、注目選手を特集します!

スポンサーリンク

ヤクルトスワローズの気になる開幕スタメンは!?

1.   大引 啓次    (遊)

2.   坂口 智隆    (中)

3.   山田 哲人    (二)

4.   バレンティン   (左)

5.   畠山 和洋    (一)

6.    雄平      (右)

7.   西浦 直亨    (三)

8.   中村 悠平    (捕)

9.   石川 雅規    (投)

昨年、主砲バレンティンは怪我で開幕スタメンではなかったが、今年はWBC2017でも大活躍しコンディションも万全でしょう。しかし、残念なのは2015年セリーグ首位打者の川端慎吾が椎間板ヘルニアのため開幕に間に合わないこと。報道によると開幕2戦目あたりから出場が予定されていますが、シーズン中の離脱を避けるため出場には慎重な様子です。

そして開幕投手はベテラン石川雅規です。2015年はチームトップの13勝を挙げチームに貢献しましたが昨年は故障により8勝止まりでした。右のエース小川泰弘も8勝止まりで安定感を欠いたため今年はベテラン石川雅規と予想しました。

川端慎吾を欠くオーダーですが破壊力は抜群です。先発の石川雅規がいかに最小失点で抑え、WBC2017代表の抑え秋吉亮までつなぐかが開幕戦勝利の鍵になるでしょう。

スポンサーリンク

対する開幕戦の相手DeNAベイスターズのスタメンは!?

1.   桑原 将志    (中)

2.   梶谷 隆幸    (左)

3.    ロペス     (一)

4.   筒香 嘉智    (左)

5.   シリアコ     (一)

6.   田中 浩康    (右)

7.   倉本 寿彦    (遊)

8.   戸柱 恭孝    (捕)

9.   石田 健大    (投)

 開幕投手はキャンプ前からラミレス監督が公言していた石田健大。昨年3年目にして9勝を挙げたホープです。かなり早い段階から公言していましたので相当な期待があると思われます。

また打撃陣は初のクライマックスシリーズに貢献した筒香嘉智をはじめ非常に強力打線です。その中に今年、ヤクルトを自由契約になった田中浩康が入り攻撃の幅が広がりました。ベテラン田中浩康はヤクルトの全てを知っていると言っても過言ではないでしょう。ですから古巣相手にどのような活躍を見せるのか、これも楽しみですね。

ヤクルトスワローズ、2017年度の注目選手は??

山田哲人

この人を挙げないわけにはいかないでしょう。全てのプロ野球ファンが彼の3年連続のトリプルスリーに期待しているでしょう。彼の特徴は何と言っても天性の打撃センスです。強打者になるとインコースの厳しいコースを攻められます。それで多くの選手が調子を落とすのですが山田哲人はそれを全く苦にしません。肘の柔らかさとプロトップクラスのスイングスピードで打ち返します。今年はどのような結果を残してくれるのか非常に楽しみですね。

 

・バレンティン

ヤクルト強力打線を支えているバレンティン。WBC2017では打率6割超え、本塁打4本を放ちWBCベストナインにも輝きました。昨シーズン開幕に間に合わなかった状態を考えると今シーズンは万全の状態で開幕を迎えられそうです。2013年に日本記録の60本塁打を放っていますが、その後は調子を落としていますので今年、キャリアハイを期待したいですね。

 

・館山昌平

復活が待たれる右のエース。度重なる怪我のため2012年以降は二桁勝利を挙げられずにいます。しかし、昨年は1勝を挙げ復活の兆しが見えました。球威も変化球もまだまだ衰えておらず本調子に戻れば必ずチームの優勝に貢献できるでしょう。彼の持ち味は何と言ってもコントロールの良さです。通算与四球率が1.97を見ても非常に安定したコントロールの持ち主であることがわかります。最速150kmを超える速球と数種類の変化球を駆使したピッチングを是非、見せて欲しいですね。

 

・山中浩史

昨年22試合に先発したサブマリン。今年の成績は彼にかかっていると言っても過言ではないでしょう。昨年ローテーションを守りながらも6勝に止まり12敗を喫しました。しかし防御率は3点台と非常に安定したピッチングを見せていました。大事なところでの失点を防ぐことができれば石川、小川との3枚看板としてチームの顔になるでしょう。彼の特徴であるアンダースローはセリーグではいないため、勝ち始めたら非常に面白い存在になることでしょう。最速130km台の速球で打者を打ち取っていくところを見たいですね。

まとめ

プロ野球開幕直前、ヤクルトスワローズのスタメン予想と注目選手を説明してきましたがいかがだったでしょうか。正直、ヤクルトは優勝する力を十分に持っていると思います。しかし、勝てない年は必ず怪我人が続出しています。選手層が薄いと言ってしまえばそれまでですが相手投手は1番から8番まで気を抜くことができないオーダーでしょう。非常に強力な打線です。この強力打線に加え、石川、小川、山中の3投手が本来の成績を残すことができれば優勝間違えなしです。開幕戦は3月31日です。開幕が待ちきれません!!

スポンサーリンク

関連記事

  1. パット・ベンディットの両投げで球速はどれくらい?グローブは特注品…
  2. ヤディ・モリーナWBC2013日本の前に立ちふさがった鬼の肩を持…
  3. ペク・ドンギュ(韓国選手)が浦和レッズの阿部に謝罪の為に来日いつ…
  4. 【WBC2017】外出先で試合中継を確認できるアプリやネットでの…
  5. WBC2017ベネズエラ代表メンバーの特徴!注目エースのピッチャ…
  6. 【世界卓球】リオメダリスト水谷隼が13歳中学生の張本智和に敗戦!…
  7. 杉浦稔大(ヤクルト)イケメンの弟と父がいる?怪我から復帰で家族も…
  8. 『錦織圭』ブリスベン国際のテニス決勝を無料でしかも契約なしで見る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP